音楽ソフトウェアに関わるすべての人は、音楽ソフトウェアが発展を続け、ビジネスとして成り立っていくことに強い関心を持っています。メーカーには、ソフトウェアの開発やマーケティングを継続するための資金が必要です。代理店や小売店は、大きな投資を行ってソフトウェアの在庫を確保します。エンドユーザーは、お金を払って手に入れたソフトウェアが今後も時を越えてテクノロジーの変化に対応していくことを願います。会社が未来まで存続してくれることを皆が願うのです。

IMSTAの目標はソフトウェアの海賊行為を減らすことです。これをソフトウェアマーケットに関わるすべての人の貢献によって達成できると信じます。たとえ小さな貢献であっても、影響を与えることができるのです。

私達は、メーカー、代理店、小売店、各種団体、出版社等からの、この取り組みに対しての意見や支援を必要としています。私達の使命は、啓蒙活動を通じてソフトウェアの窃盗を減らすことであり、ソフトウェアの持つすばらしい価値について社会全般に伝えていくことを目指します。音楽制作の展望を変えてきたソフトウェアは、保護されるに値します。人々がソフトウェアの不正使用に対して非難の目を向け、その行為が社会的に受け入れられないものだと考える世界を思い描いています。これは高い目標ですが、時間をかけて啓蒙活動を続けることにより、充分達成できるはずです。

IMSTAに参加することにより、ソフトウェアの窃盗の波をせき止める役割の一端を担うことができます。ソフトウェアの窃盗に立ち向かうにあたって、例え一つの「声」でもそれは影響力を持ちます。それが2、3、4・・・100と増えることによってさらに拡大していきます。


「私達の力で現状を変えることができるのです。できると信じているからこそこの活動を行っています」

一晩で変えられるものではなく、何年もの時間を掛けた辛抱強い努力が必要です。この大きな問題に影響を及ぼすためにあなたの力を必要としています。失敗に終われば、海賊行為は音楽業界から才能を追い出し、ソフトウェア会社を倒産させます。これによってソフトウェア革新は止まり、ソフトウェアを選択する自由は確実に衰退または消滅してしまうでしょう。私達は音楽ソフトウェアやサウンドウェアを愛し、それらが保護されるに値すると信じています。

IMSTA会員申込書をダウンロードするにはこちらをクリックしてください。