IMSTAスタッフ - www.imsta.org

• Ray Williams - Managing Director
• Paul Fattahi - Executive Director
• Nadia Adam - Executive Assistant

 

IMSTA執行委員会

• Andreas Stelling - Managing Director - Steinberg Media
• Daniel Haver - CEO - Native Instruments
• Michael Hoover - CEO - Cakewalk
• Michael Logue - CEO - MiiM
• Paul Fattahi - Executive Director - IMSTA
• Ray Williams - President - Music Marketing
• Seiji Murai - Managing Director - MI7 Japan

 

財団法人日本音楽教育文化振興会 IMSTA委員会 - www.imsta.org/japan

• 村井 清二 委員長株式会社エムアイセブンジャパン
• 村上 昇 副委員長、イベントプロモーション株式会社インターネット
• 伊藤 博之 副委員長クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

 

海外支部

Aditya Mehta - IMSTA India
Andrea Pozzi - IMSTA Italy
Eric Nolot - IMSTA France
Michael Logue - IMSTA United States
Paul Fattahi - IMSTA Canada
Seiji Murai - IMSTA Japan
Stephanie Sobey-Jones - IMSTA United Kingdom
Thomas Wendt - IMSTA Germany



IMSTAのマーケティング/教育キャンペーン年間活動について

「使用するソフトウェアは購入しましょう」

IMSTAはこのメッセージを世界中のできるだけ多くの人々に伝えるために活動します。このスローガンは今日までに多くの言語に翻訳され、世界各地に拠点を置く私たちのメンバー会社によって使用されています。

IMSTAの目標はソフトウェアを合法的に使用することを推進し、エンドユーザーにソフトウェアの違法コピーの弊害について伝えることです。IMSTAはソフトウェアの合法的な使用を促進させるために毎年以下の活動を行います:

  • エンドユーザーの動向に関するアンケートや、その他の調査を実施する
  • Winter NAMM、Musikmesse、AESコンベンション、MIACに出展する
  • 違法コピーの教育キャンペーンを、IMSTA大使やその他のボランティアの力を借りてさらに発展させ、その他の主要なトレードショーにてそれを実施する
  • 数々の業界の有名雑誌に教育キャンペーン広告を掲載する
  • 啓蒙活動で使用するパンフレットやその他の印刷物を作成し配布する
  • スタジオ、作曲家、プロデューサー、アーティスト、サウンドエンジニア、その他の音楽業界のプロフェッショナルがソフトウェアの正規使用を支持し、正規版のみ使用することを認定する「Piracy Free Zone」を推進する
  • コンテストを開催しソフトウェアの正規使用を推進する
  • より多くの教育機関の参加を促し、IMSTAのメッセージを学生に伝える
  • 違法コピーに関する新たな教育キャンペーンを考案し、実施する
  • 海外の新しい関係者やボランティアの参加を促し、世界でのIMSTAの存在感を高めていく
  • 現在約1000人の業界プロフェッショナルの方々に送られている「IMSTA bulletin」を今後も継続し、改善していく
  • 他の組織や業界との新しい協力体制を築く

 

お問い合わせ




財団法人日本音楽教育文化振興会 IMSTA委員会
東京都文京区本郷4-15-9 tel. 03-3814-2977 fax. 03-3814-3302
email: imecps@imecps.or.jp